So-net無料ブログ作成
検索選択
おでかけ ブログトップ
前の10件 | -

宇治の紅葉 [おでかけ]

会社の先輩の結婚式で関西へ行ったので、ついでに京都観光
今回は宇治。意外と初。

平等院
ZC100433.JPG

10円玉で有名な鳳凰堂は現在修復中でした。
藤原氏の描いた極楽浄土は現代へと受け継がれている。

ZC100445.JPG

国宝「日想観扉絵」に鳥肌。撮影禁止のため写真はなし。
複製画ではなく、塗装の剥げ落ちた扉のほうに心奪われた。1000年も前に作られた木の扉が朽ちながらも未だ現存していることにただ感動。
ゲームや小説の世界じゃない。1000年という時間。そんな時間の流れ、あまりにもリアリティがなさ過ぎて改めて驚く。

宇治川沿いのもみじ
ZC100452.JPG

宇治上神社
ZC100462.JPG
世界遺産。日本最古の神社建築。

せっかくいいカメラ持ってるのに腕がイマイチで泣ける。

そんな京都はこの日ピンポイントで雪。急遽京都駅のユニクロでインナー2枚とカイロを買って凌ぐも、雪女パワーは今年も健在だなぁとしみじみ思いました。
エターナルフォースブリザード!(相手は死ぬ)

めぐる冒険を [おでかけ]

東京~札幌~名古屋

友人の結婚式をめぐる冒険。
まずは札幌でひとりジンギスカン。



千歳空港内の「松尾ジンギスカン」
美味でした!量も満足!

からの名古屋で某海外バンドのライブツアー参戦

翌日は高校の友人結婚式。
健康ランドで身支度を整え、いざ会場へ。
趣向が凝っていて素敵な式でした。
いろいろ「あー、彼女らしいなー!」と偲ばせるポイントがあって、友達としてそんなことに気付けたのが嬉しかったりで。
家族への手紙でやっぱ込み上げてくる。部活仲間だったからご両親にもお世話になってたし、付き合い長いと沁みるよね。
本当におめでとう(^^)

名古屋滞在中は大学の頃のバンド仲間ゆーなちんの家にお世話になり
夜は更けるまでおしゃぺり
帰る日の朝はおされなカフェでモーニングmogmog
いろいろおせわになりました!また遊ぼう!!



そして帰京後は2日前に見たバンドをもう一度見に吉祥寺へ

そんな秋休み旅行!

シンガポール46時間チキチキ [おでかけ]

シンガポール行ってきました。
もちろん仕事です。ぐすん。
ところが予定外に仕事が早く終わってしまったので、空いた時間で観光してきました。

有名なアイツ。
世界三大がっかり

ZA18004.JPG

がっかりがっかり言い過ぎてちょっとかわいそうになってきた。ブタ鼻だし。

私は良く知らないのだが、よく「あれ見た?!」って聞かれるので話のタネになる、
マリーナベイ・サンズ

ZA180092.JPG

屋上にプールがあるホテルなんだって。
正面からは前に同じく仕事で行ったときに撮った夜景が綺麗だったからあとでそっち載せよう。

シンガポールフライヤー

ZA180095.JPG

世界一大きな観覧車らしい。ゴンドラの中から。一周30分。
バーがあって酒を飲みながらパーティーのできるゴンドラもあるらしい。
バブリーだよね。

同じく中から、街並み。

ZA180090.JPG

10月半ばに行ったのですが、ちょうど雨季でした。
常夏の国なので暑いかと思ってたけど、ほぼ曇天だったのでそんなことはなかったです。
湿気はすごかった。

小さな国なので半日で十分観光できました。
いろいろごちそうになり、シンガポールチリクラブという、とてもおいしいけど手がとても汚れる料理なんかを食べてきました。あれ、手さえ汚れなければ文句なしなんだけどな。ちなみに私はブラックペッパークラブのほうが好き。
とかいいつつ、シメの料理はチャンギ空港で回転寿司を敢えて選択したという日本大好きっこです。ハイ。しかもおいしかった!

ディスカバリー [おでかけ]



ちょっとアメリカに用があって、時間が余ったときに立ち寄ったワシントン郊外にある国立スミソニアン航空宇宙博物館別館 Udver-Hazy Center にて初めて目にしたスペースシャトルオービター『ディスカバリー』!!
昨年退役したばっかりの本物!!!!!



思っていたより大きくてずしっとした体格!
染み付いた焼痕が大気圏再突入時の過酷さを物語っているみたいでもうドキドキが止まらない!



月光よりエノラ=ゲイよりメッサーシュミットよりコンコルドより、やっぱり私はこれですよー!!
NASA、オービターもう作らないのかなー。
いつか乗って宇宙に行きたい!!

兵どもが夢の跡 [おでかけ]

73t849.jpg

買ったばかりのスマホで写真いじったらよくわからなくなったw
それはさておき、研究室OB会。古巣・仙台にて集まってきました。

戦友である同期たちとの再開が思い出すと不思議な感覚だった。
「久しぶり」の一言もなく、2年半たった今でも何も変わらない顔ぶれ。
研究室で話して国分町で飲み。
会っていない時間の長さの分だけ、それぞれに別々の時間が流れているはずなのに、
昨日会って今日もまたかよ、みたいなノリで話が進む不思議。
その場で「懐かしい」という感情が一瞬たりともわかなかったのがとても不思議。

そうそう、実験室を訪れて自分の研究のその後を知りました。
私が立ち上げ、割と先行きが懸念されていた研究は後輩がなんとか引き継いでくれて、
さらに私の知らない世代の後輩に引き継がれて、なんとか続いているみたいです。
あの地震にも倒れずなんとか耐えてくれたようで、何より。
手を離れてから長いけど、私が知っている姿で残っていたことで
あの頃(修論)の緊迫感を思い出させ、少し後ろめたく思いつつも
もっとちゃんと結果残してやれたらよかったな、と思いました。

出身地でも現在地でもない第2の故郷、もはや思い出になりかけているけど、
確かに私はここに住んでいたんだな。

「祝福しろ 結婚にはそれが必要だ」 [おでかけ]

5d327x.jpg_effected.png

高校時代の友人の結婚式
新婦友人で参列です!

挙式から二次会までのフル出場も数回目なので手馴れたものです。うふん。
毎度同じドレスを着てくるとこには触れないでくれ。
母と妹が選んでくれたものだから気に入っているんだ。

で、まぁ、結婚というとワタシ、
どうしてもジョジョ6部のアナスイのセリフ(↑)が浮かんでくるのだけど、
そんなことをボヤンと考えていたら新郎がプロフィールビデオでジョジョ立ちしてて
無駄にテンションがあがりましたwww

高校の友達たちとはプチ同窓会なカンジだったり、
新婦は可愛かったり、ともかく最高の一日でした。

それにしても、相変わらず娘を送る気分になってしまう私。
みんなこうして巣立っていくのね・・・。
子供だったあの頃が懐かしい。

そうそう、まさかのブーケキャッチというミラクル&キャラ崩壊があったことは
事実のみ簡潔に述べて詳細は伏せておこう。
ボクはいつまでも子供で、そしてコメディエンヌでいたいんだもの(笑)

多摩川河川敷探検隊 [おでかけ]

297210428.jpg

隊長:私
隊員:ハトたち(河原にて募集した)


レコーディングじゃー!と思って気合入れて自転車(借り物)で飛び出した私。
ふと体のウォーミングアップと思って、県境にあたる川まで行ってみることにした。
地図で見た感じ、そんなに遠くなかったし、この日はとても晴れていたので散歩日和だった。
大荷物(MTR)乗せて街中をママチャリで駆け抜ける私はさぞ謎めいていたことでしょう。

さて、そんなこんなでたどり着いた多摩川。
東京なのに空が広く、草のにおいが風に乗る。
そして、なぜだかどことなく懐かしい。

河川敷が常に遊び場になるような小学生時代を送っていたせいか?
土手や生い茂った背の高い草がとにかく懐かしくて仕方なく、
対岸に見える大きな工場のパイプやこっち側の土手下にある錆びた倉庫なんか、
ああ、地元にも似たような景色ある!と不覚にも思ってしまった。

いつでも帰れると思うと自然と足が遠のく実家。
数日前、そう言えばしばらく帰省してないなぁ、と思い、
なんとなく近々帰ろうかなとぼんやりしていた矢先だったので、
ちょっとうれしく思ったものです。ええ。


そう、それで自分の自転車を買おうと思った。

強羅、アゴーラ。 [おでかけ]

高校時代の部活(剣道部)の友人たちと連れ立って、箱根へ行ってきた。
これまでの私の、いわゆる「旅行」って、
「旅行」というより「冒険」とか「旅」ってワードがふさわしい感じだったけど、
今回は本当にガチで旅行って感じの旅行でした。

景色が寂しくて、会話が懐かしくて、温泉が気持ちいい旅行でした。
私たち。別の人生を歩むようになってからずいぶん遠くまで来たんだね。

☆アジ丼最高
私は青魚でアジが一番すき。
沼津・焼津のお膝元で育ちましたからね。
合流して最初に食べたランチのアジ丼が、すごい美味しかったんだ!!

☆強羅(ごうら)という地名が異国っぽい
箱根登山鉄道とケーブルカーの中継地点。
どうも「ゴーラ」という音が耳慣れなくて、すごい外国語みたいな響きを感じていたの。
後で調べてみたら、実際、ゴーラ地方てのが存在するみたいですよ。
南スラヴ、東欧のほうらしいです。

☆大涌谷の景色が素敵だった
3000年前の噴火の跡地。今もなおところどころ噴煙を上げる脆い岩盤にはところどころコンクリートで補強がなされていて、それがなんとも言えない廃墟のような雰囲気でなかなか味がある景色でした。
「滅びた都市みたい」
「人類が滅びた後の地球の景色って、こんな感じなのかな」
壮大でなんだか切なさを感じるスポットです。

☆陶芸に挑戦
実は私、3次元芸術が苦手。彫刻とか粘土とか。見るのも作るのも、作品に対して360度、球状に意識を向けるのが難しくて、絵画に比べるとなんとなく避けてしまってた面があったのね。典型的な女性脳ですね。悔しいことにマジです。
そんなわけで、陶芸初挑戦。小学生の頃に学校で手びねりやって以来です。今回は電動ろくろをセレクト。マジではじめてっす。
昔と比べて脳が発達した分、イマジネイションも沸くってもの。
「こんな器がほしい」を形にするには力量がまったく追いつかないけど、造形ってやっぱり楽しいなって思いました。

なお、この企画はシリーズ化するらしく、次回は鎌倉ベトナムらしいです。
この2都市が並列で語られてるのが意味わかんないぜww

DSCF5094.JPG

DSCF5109.JPG

DSCF5110.JPG

DSCF5132.JPG

DSCF5133.JPG
コメント(0) 

Soldier's Back Tour 2010 in 和歌山 [おでかけ]

さて、ひょんなことから『先っちょ』へ行くシリーズ化してしまったキモス旅行 "Soldier's Back Tour" です。
今回は4名でのツアーとなりましたがまあそういうことです。
毎度のことながらこの周辺のメンツでのくだらない話は非常に有意義だったりします。

今回目指したのは本州最南端。
潮岬Let's Go!

無題.JPG

<期間>
11/20-11/21
(11/19名古屋にて前泊)

<行った所>
・スタートは名古屋・栄(SKE)
・メタルゴッドと手羽先
・伊勢神宮(外宮)
・道の駅マンボウ
・那智の滝
・熊野那智大社
・那智勝浦の民宿
・那智勝浦の朝市
・橋杭岩
・本州最南端=潮岬!!!
・とれとれ市場

<食べたもの>
マンボウ・サメ・回転寿司・クエ(ようちゃん以外)・めはり寿司・マグロかま焼き・鯖寿司・くじら刺身・八ツ橋(Sanoth以外)

旅の詳細は以下!

続きを読む


コメント(0) 

存在の証明 [おでかけ]

六本木で開催されている『世界最古の恐竜展』へ行った。
この恐竜展、何がすごいって『三畳紀』に焦点を当てているところなんだ。

DSCF4531.JPG

子供の頃、『きょうりゅう』という古代生物の存在を知って、あまりにも非現実チックな地球の壮大な歴史にロマンを馳せた人は少なくないと思う。
当然私なんかは例にもれずそんなロマンを抱いた子供で、親という最強のパトロンを利用して恐竜図鑑なんか読みまくったものだった。

でも、図鑑に出てくる恐竜はもちろんメジャーなものが多くて、ティラノサウルスやブラキオサウルス、トリケラトプスといったジュラ紀中期-白亜紀の世代が中心、三畳紀の生き物といったら・・・あれ?なんだろう・・・?という、そんな三畳紀が今回のタイムトリップ先。
(三畳紀は地生物学上の年代区分で、ジュラ紀の前の時代です。恐竜が出現し始めたのが三畳紀中期といわれていて、三畳紀→ジュラ紀→白亜紀が中生代と呼ばれる恐竜の時代です)
子供の頃はそれなりに恐竜の種類に詳しかったはずなのに、さすがに全然わからなかった!

DSCF4533.JPG

かつて地上に存在した未知の生物の生命の痕跡と骨格模型の造形美にしばし見とれる空間でした。
等身大ジオラマも好きですが、骨格標本の迫力とリアリティにはやっぱりかなわないと思う!

年代が年代なので全身の化石こそなかったものの、部分化石の展示がいくつかありました。太古にこんな骨を持った生物たちがいたことを考えると、いつの時代もワクワクせざるをえないのです。
コメント(3) 
前の10件 | - おでかけ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。