So-net無料ブログ作成
検索選択

サンタクロースを待つ子どものように [(σωσ)]

さて、デジカメ故障→修理見積もり中。もしものための後継機を探していたつもりが、淡い興味を抱いていた一眼レフに手を出す口実になってしまっていることに気付いた。

通帳に対し一抹の後ろめたさを感じながら自分の使用条件に相応しい機種を調べてみた。
その中で、とあるメーカーの「ミラーレス一眼」に目が止まった。
ミラーレス一眼とは、とても大雑把に誤解を招きそうな言い方をすると、デジタル一眼レフからファインダーに被写体を写すための鏡を省略して計量小型化を図ったカメラ。おお!こんなものがあるのね!と乙女パスタならぬカメラに感動。詳しくは各自グーグル先生に質問してみてほしい。
一眼レフより軽く、コンデジより本格的な写真を写してくれるようだ。一眼レフに憧れつつもその重さがネックとなって購入の二の足を踏み続けていた私には、まさに打ってつけと言える。
そして、経緯は省略するものの、買うとしたらこれにするだろうという機種は今のところ決まっている。
あとはもう少し市場が値段を下げるのを虎視眈々と待つのみ。

それはまるでサンタクロースを待つ子どもの気分のように。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。